» 未分類のブログ記事

不動産での財産分与

| 未分類 |

観葉植物03
近年、結婚をしてしばらくは仲良く暮らす夫婦も長年連れ添うと、

嫌になる部分があり、離婚するというケースも多く見られます。

長年連れ添った後の離婚は様々な問題が出てきます。例えば、

長年連れ添った夫婦の場合、自分達の財産をすでに持っている場合

が多いです。特にマンションや戸建てなどの持ち家を持っている夫婦

は多くいます。離婚はそれらの財産を平等に分ける必要があります。

そこで財産分与をする必要がありますが、個人間でこれらの大きな問題

を解決できるのは難しく、法律の専門家にお願いすると良いです。

まずはインターネットなどにそれらの情報を探すことができます。

また財産を分けるときは、自分達でも知識として学ぶ必要があります。

専門家に任せっぱなしではなく、しっかりと、まずは夫婦それぞれが

どの程度の財産を持っているのか把握することが大切です。

財産を分けることに、名義は全く関係ありません。例え、名義が夫の

名前であっても、妻の支えがあって二人で築いた資産という認識を強く

持つ必要があります。

不動産の財産は特に難しくなることが多いので、専門家にしっかり

アドバイスをもらいながら、トラブルのない財産の分け方をしなけ

ればいけません。

受け取る側の税金

| 未分類 |

財産分与を受け取る側の税金は金額や不動産の価値などが社会通念上考えうる

程度のものである場合には夫婦の共有財産の精算金として妥当であると判断

されるので、贈与税や所得税はかからないことになっていますが、財産があまり

にも高額で常識では考えにくい額の場合には贈与税や所得税がかかることが

あります。さらに現金以外で受け渡しがされる場合には譲渡する側には譲渡所得税

がかかり、受け取る側には不動産取得税などが課税されることがあります。

不動産の所有権を夫から妻へ移転する場合などでは、居住用に使うものの場合

には譲渡所得税の特例を受けることができるので、特別控除として3000万円

の控除を受けることが出来ます。このため3000万円以下の不動産の譲渡に関

しては課税されません。

住宅ローンや車などのローンがある場合には名義人にかかわらず分与の対象

となるので、注意が必要で、婚姻期間中に生じた借金に関しては夫婦が共同

で管理する財産となっているので、連帯して支払う義務があるので、返済に

関して話し合う必要があります。

もし夫婦の一方がパチンコなどの遊興費として借金をしていた場合には分与

の対象にはならないので、借りた本人が返す必要があります。

支払う側の税金

| 未分類 |

財産分与の税金は常識的な金額でやり取りが行われる場合には贈与税や所得税

などとして課税されることはありませんが、資産家が離婚する場合には高額な

慰謝料などの支払いがあるので、贈与税や所得税として課税される場合があり

ます。支払う側が課税される場合は不動産などの現金以外のもので分与をする時

に譲渡する側には譲渡所得税がかかることがあります。この場合は贈与を受ける

側も不動産取得税が課税されます。

財産分与の対象となるものは婚姻している期間中に夫婦の協力によって築いて

きた財産で、土地や車の名義などには関係なく分与が行われます。基本的には

夫婦の共有財産に関しては半分ずつ分けることが一般的で、夫が働いて築き上

げた財産だとしてもその半分は妻のものになります。この場合は不動産や預貯金、

株式などが分与の対象になりますが、結婚をする前から持っていた財産に関しては

分与の対象にはなりません。

財産の分与に関しては夫婦が2人で様々な家庭事情を考慮した上で決めることが多い

のですが、話し合いがまとまらない場合には裁判所による調停や裁判を行う必要が

あります。分与に関す裁判は婚姻期間や財産形成の状況、夫婦の家庭に対する

貢献度などが考慮されて決定されます。

財産分与の請求期間

| 未分類 |

財産分与の請求期間は2年です。

ですので離婚成立後、2年以内の請求期間内に裁判所に請求しない場合、

財産を取得出来ません。

当事者間で合意出来る場合は別です。

元パートナーと離婚後も普通に話し合いが可能であれば、2年の制限はなく、

請求する事ができます。

ですが実際、パートナーと離婚し、その後何年経っても問題なく当事者同士

で合意できることは稀です。

よって離婚後2年の間に手続きを行う必要があります。

離婚が決まり、当事者同士で財産の話し合いが困難であれば、家庭裁判所に

調停申立を行います。

事前に合意があれば、そのままで問題ありません。

調停申立が成立すれば手続きは終了で、不成立の場合、審判手続きとなります。

審判手続きでは、裁判官が当事者間の事情、提出された資料など全てを考慮

した上で審判します。

夫婦間で分与する財産の種類は多いです。

分与する財産は夫婦間の共有財産となりますが、現金、預貯金、株や国債、

土地、建物など洗い出す場合、時間がかかる事が多いため、離婚する前の

段階で、財産について確認しておく事をおすすめします。

ちなみに婚姻前の財産は共有財産に入りません。

こういった事も理解する必要がありますので、準備だけは整えておきましょう。

財産分与の注意点

| 未分類 |

夫婦で築いた財産は夫婦二人のものでありますので、これから離婚をしようと

考えているのであれば、必ずといっていいほど財産分与を行わなければならない

といえるでしょう。しかし、それを行うにあたっては様々な法律のしがらみがある

ことから、注意点がいくつか存在しています。それゆえに、その要所を押さえて

おかなければ自分が損をしてしまうというケースも多々ありますので、

厳重に分与については見当しておきましょう。

まず注意すべきポイントとしては、夫婦になる以前から持っていた財産は分与

の対象外になるという点です。ですから、たとえ離婚するパートナーが大金の

財産を持っていたとしても、それが結婚前に築いた財産であるならば分与はして

もらえないのです。そして、もう1つは負の財産についても分与の対象になると

いう点です。負の財産というのは、基本的に借金やローンなどが考えられるで

しょう。財産を分けるとなれば、このような借金もついて回ることになります

ので、離婚をする前に清算しておくことがとても大切になります。そうでなけ

れば、必要な財産さえも分与してもらえなくなるからです。

これらの注意点に気をつけておけば、安心した財産の獲得が行えるでしょう。

夫婦で家業に従事する場合

| 未分類 |

観葉植物02結婚生活にはいろいろな形態がありますので、その形態のひとつとして

夫婦で家業に従事しているというケースも多々あるでしょう。特に農家

や個人事業主、小さな飲食店であれば家族総出で家業を行っているところ

も多いですので、夫と嫁が同じ仕事に従事しているというのもよくある

パターンです。

このような仲睦まじい生活をずっと送っていられれば良いのですが、

結婚生活はいつ終わりを迎えるかわかりませんので、どれだけ二人で

家業に従事していたとしても離婚をして財産分与を行わなければならない

時がくるかもしれません。さて、それではそのようなときには、

財産分与の割合としてはどれだけのパーセンテージになっていくの

でしょうか。これについては、民法にしっかりとした定めがなされています。

その定めとは、夫と嫁の割合はお互いに5割であるという規定なのです。

ですから、二人が仕事をしている以上、その財産も半分半分で分けるべき

であるというのが、民法の意見であるといえるでしょう。

しかし、経営において夫と嫁のどちらかの采配や能力が大きいような

場合であれば、その財産分与の割合としても差が生まれてきてしまいます

ので、その差の算定方法については裁判によって大きく変わってきます。

専業主婦の場合

| 未分類 |

専業主婦が離婚する場合、いくら収入が無かったと言っても財産分与は

共稼ぎの夫婦と同じように半分と暫定されます。夫名義の預金、家財、

もちろん固定資産もです。夫が定年退職をし得た退職金も夫婦平等に

財産分与に該当します。それは妻が家庭を守り、無収入であった事で

離婚後に一人で生活をして行くお金を確保する目的です。いくら夫が自分

一人で稼いできたお金だと強く主張したとしても財産分与は法律で決めら

れています。長い時間を共に過ごし生きてきた共同体だと言う事を忘れて

はいけません。逆に主夫の場合も同じです。これから互いが、よりよく生き

て行く為の分与ですから婚姻の際に全て同等、全て分け合い、全て助け合

い生きて行く覚悟が必要です。ごくまれに、財産分与はせず片方に全て贈与

する人も居ます。離婚しても現役で仕事を続けられ生活に困らない収入を得る

事が出来る人です。当人同士の話し合いで財産分与が穏やかに決まりそれぞれ

の第二の人生を歩んで行く、それが理想です。しかしながら現実は金銭と感情

が絡むので弁護士を介して最終的に互いが妥協し渋い顔をしつつ納得し解決し

て行きます。結論として夫婦の財産とは金品だけでは無く、幸せだった夫婦の

時間も大きく含まれると言う事です。

共働きの場合

| 未分類 |

観葉植物04

共働きの場合、財産分与の算定でお互いの意見が食い違ったり、

揉め事に発生する事態になることは珍しくありません。

更に状況によっても共同で築き上げた財産の定義は変わってくるので

ここも厄介な点です。

まず、大前提としては結婚後に共同で築き上げた財産ですので、

結婚前の収入は含みません。

基本的には夫婦の共同財産とみなされるために半分で割ることになります。

最近増えてきている例ですと、お互いに働いている場合でも、共同財産

としてみなされるため、一方の給料が高い、といった問題は関係なく

半分で割ります。

また、お互いに働いている例で特殊なのは自営業の場合です。

この場合、どちらか一方のお金として見なされるのではないか、

と心配される方も居られますが、結婚後の収入はきちんと共同財産として

扱われます。

現金収入に関しては、基本的に結婚後に得たものは共同財産として見

なされるので、半分ずつです。

意外にも株式などの有価証券も財産分与の対象です。

また、借金も共同の財産に含まれるので、注意が必要です。

現金の例外として婚姻中に得た遺産相続は共同の財産としては見なされません。

自動車などの実際に使うものも共同財産に含まれてしまうので、お金に換算

するなり物と物を交換するなりで話し合う必要があります。

共同財産は基本的には半分ずつになりますが、分けられないもの、含まれないもの

が存在しますので、結局はお互いの話し合いが一番大事ということになります。

財産分与の算定

| 未分類 |


離婚をしてこれから一人で生活をしていかなければならないと考えると、

必要になってくるのは新しいパートナーよりもお金であると言っても過言

ではないでしょう。それゆえに、離婚をする際には財産を分ける協議を

行わなければなりません。しかし、その財産についてはある一定の

算定基準があり、その基準によってどれだけの割合が取り分になるのかが

変わってきますので、これから離婚を考えているような場合であれば

その割合をしっかりと把握しておく必要があるのです。

財産分与の算定としてはいくつかの条件と計算方法があります。

その条件としては、夫婦がどれだけの収入を家庭に入れているかという点が

大きくなってくるでしょう。それゆえに、夫婦のどちらかが働いていな

かったりすれば分与される財産も働いていない方が少なくなっていきますし、

夫婦が共働きであれば分与される財産も半分半分という算定になるのです。

しかし、夫婦であったとしても同じ仕事に従事しているわけでもなければ、

同じ仕事の能力を有しているわけではありません。ですから、収入の多い方

や家計への貢献度などを勘案した財産の分与が行われるというのが通例で

あります。ですから、この基準についてしっかりと把握しておきましょう。