不動産での財産分与

| 未分類 |

観葉植物03
近年、結婚をしてしばらくは仲良く暮らす夫婦も長年連れ添うと、

嫌になる部分があり、離婚するというケースも多く見られます。

長年連れ添った後の離婚は様々な問題が出てきます。例えば、

長年連れ添った夫婦の場合、自分達の財産をすでに持っている場合

が多いです。特にマンションや戸建てなどの持ち家を持っている夫婦

は多くいます。離婚はそれらの財産を平等に分ける必要があります。

そこで財産分与をする必要がありますが、個人間でこれらの大きな問題

を解決できるのは難しく、法律の専門家にお願いすると良いです。

まずはインターネットなどにそれらの情報を探すことができます。

また財産を分けるときは、自分達でも知識として学ぶ必要があります。

専門家に任せっぱなしではなく、しっかりと、まずは夫婦それぞれが

どの程度の財産を持っているのか把握することが大切です。

財産を分けることに、名義は全く関係ありません。例え、名義が夫の

名前であっても、妻の支えがあって二人で築いた資産という認識を強く

持つ必要があります。

不動産の財産は特に難しくなることが多いので、専門家にしっかり

アドバイスをもらいながら、トラブルのない財産の分け方をしなけ

ればいけません。