専業主婦の場合

| 未分類 |

専業主婦が離婚する場合、いくら収入が無かったと言っても財産分与は

共稼ぎの夫婦と同じように半分と暫定されます。夫名義の預金、家財、

もちろん固定資産もです。夫が定年退職をし得た退職金も夫婦平等に

財産分与に該当します。それは妻が家庭を守り、無収入であった事で

離婚後に一人で生活をして行くお金を確保する目的です。いくら夫が自分

一人で稼いできたお金だと強く主張したとしても財産分与は法律で決めら

れています。長い時間を共に過ごし生きてきた共同体だと言う事を忘れて

はいけません。逆に主夫の場合も同じです。これから互いが、よりよく生き

て行く為の分与ですから婚姻の際に全て同等、全て分け合い、全て助け合

い生きて行く覚悟が必要です。ごくまれに、財産分与はせず片方に全て贈与

する人も居ます。離婚しても現役で仕事を続けられ生活に困らない収入を得る

事が出来る人です。当人同士の話し合いで財産分与が穏やかに決まりそれぞれ

の第二の人生を歩んで行く、それが理想です。しかしながら現実は金銭と感情

が絡むので弁護士を介して最終的に互いが妥協し渋い顔をしつつ納得し解決し

て行きます。結論として夫婦の財産とは金品だけでは無く、幸せだった夫婦の

時間も大きく含まれると言う事です。