支払う側の税金

| 未分類 |

財産分与の税金は常識的な金額でやり取りが行われる場合には贈与税や所得税

などとして課税されることはありませんが、資産家が離婚する場合には高額な

慰謝料などの支払いがあるので、贈与税や所得税として課税される場合があり

ます。支払う側が課税される場合は不動産などの現金以外のもので分与をする時

に譲渡する側には譲渡所得税がかかることがあります。この場合は贈与を受ける

側も不動産取得税が課税されます。

財産分与の対象となるものは婚姻している期間中に夫婦の協力によって築いて

きた財産で、土地や車の名義などには関係なく分与が行われます。基本的には

夫婦の共有財産に関しては半分ずつ分けることが一般的で、夫が働いて築き上

げた財産だとしてもその半分は妻のものになります。この場合は不動産や預貯金、

株式などが分与の対象になりますが、結婚をする前から持っていた財産に関しては

分与の対象にはなりません。

財産の分与に関しては夫婦が2人で様々な家庭事情を考慮した上で決めることが多い

のですが、話し合いがまとまらない場合には裁判所による調停や裁判を行う必要が

あります。分与に関す裁判は婚姻期間や財産形成の状況、夫婦の家庭に対する

貢献度などが考慮されて決定されます。