財産分与の注意点

| 未分類 |

夫婦で築いた財産は夫婦二人のものでありますので、これから離婚をしようと

考えているのであれば、必ずといっていいほど財産分与を行わなければならない

といえるでしょう。しかし、それを行うにあたっては様々な法律のしがらみがある

ことから、注意点がいくつか存在しています。それゆえに、その要所を押さえて

おかなければ自分が損をしてしまうというケースも多々ありますので、

厳重に分与については見当しておきましょう。

まず注意すべきポイントとしては、夫婦になる以前から持っていた財産は分与

の対象外になるという点です。ですから、たとえ離婚するパートナーが大金の

財産を持っていたとしても、それが結婚前に築いた財産であるならば分与はして

もらえないのです。そして、もう1つは負の財産についても分与の対象になると

いう点です。負の財産というのは、基本的に借金やローンなどが考えられるで

しょう。財産を分けるとなれば、このような借金もついて回ることになります

ので、離婚をする前に清算しておくことがとても大切になります。そうでなけ

れば、必要な財産さえも分与してもらえなくなるからです。

これらの注意点に気をつけておけば、安心した財産の獲得が行えるでしょう。