財産分与の算定

| 未分類 |


離婚をしてこれから一人で生活をしていかなければならないと考えると、

必要になってくるのは新しいパートナーよりもお金であると言っても過言

ではないでしょう。それゆえに、離婚をする際には財産を分ける協議を

行わなければなりません。しかし、その財産についてはある一定の

算定基準があり、その基準によってどれだけの割合が取り分になるのかが

変わってきますので、これから離婚を考えているような場合であれば

その割合をしっかりと把握しておく必要があるのです。

財産分与の算定としてはいくつかの条件と計算方法があります。

その条件としては、夫婦がどれだけの収入を家庭に入れているかという点が

大きくなってくるでしょう。それゆえに、夫婦のどちらかが働いていな

かったりすれば分与される財産も働いていない方が少なくなっていきますし、

夫婦が共働きであれば分与される財産も半分半分という算定になるのです。

しかし、夫婦であったとしても同じ仕事に従事しているわけでもなければ、

同じ仕事の能力を有しているわけではありません。ですから、収入の多い方

や家計への貢献度などを勘案した財産の分与が行われるというのが通例で

あります。ですから、この基準についてしっかりと把握しておきましょう。