財産分与の請求期間

| 未分類 |

財産分与の請求期間は2年です。

ですので離婚成立後、2年以内の請求期間内に裁判所に請求しない場合、

財産を取得出来ません。

当事者間で合意出来る場合は別です。

元パートナーと離婚後も普通に話し合いが可能であれば、2年の制限はなく、

請求する事ができます。

ですが実際、パートナーと離婚し、その後何年経っても問題なく当事者同士

で合意できることは稀です。

よって離婚後2年の間に手続きを行う必要があります。

離婚が決まり、当事者同士で財産の話し合いが困難であれば、家庭裁判所に

調停申立を行います。

事前に合意があれば、そのままで問題ありません。

調停申立が成立すれば手続きは終了で、不成立の場合、審判手続きとなります。

審判手続きでは、裁判官が当事者間の事情、提出された資料など全てを考慮

した上で審判します。

夫婦間で分与する財産の種類は多いです。

分与する財産は夫婦間の共有財産となりますが、現金、預貯金、株や国債、

土地、建物など洗い出す場合、時間がかかる事が多いため、離婚する前の

段階で、財産について確認しておく事をおすすめします。

ちなみに婚姻前の財産は共有財産に入りません。

こういった事も理解する必要がありますので、準備だけは整えておきましょう。